FC2ブログ
東大生が行く世界一周おっぱい人の旅
世界一周の旅人になった僕。僕には物欲は無い!!と言い張っていたが、歯ブラシが無いとき、歯ブラシが欲しい!!という感情は果たして物欲というものなのか。未知との遭遇に戸惑い、泣き、笑い、そしてオナニー


プロフィール

気円斬ひとくん

Author:気円斬ひとくん
僕にとって人生はゲームだ。
長い長い「ときめきメモリアル」だ。
僕は、このゲームに正面からぶつかって、とことん楽しみたいと思う。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イースター島より おっぱっぴー
イースター島には日本人がいっぱいいる。
原因は2つだ。
ひとつ は世界ふしぎ発見 <よく間違えて世界一周ふしぎ発見と言ってしまう> でとりあげられてから連綿と続く日本人の無条件なモアイ信仰。
もうひとつは、世界一周航空券。

イースター島は最近日本人旅行者のあいだでちょっとしたブームになっている世界一周航空券<ワンワールド>で訪れることができるのだ。
そのため、そこまでモアイってほどではないけど、でも、行けるならせっかくだから、、、という日本人がイースター島に終結する奇妙な現象が起きている。
僕はこれほど同じ方法で旅行している日本人にこの旅で出会ったことはなかった。ってか合うのすら初めてだ。気持ち悪いほど声をかければみんな世界一周航空券利用者。
ドミトリーで一緒になった日本人男子も世界一周航空券利用者。
ふたりでモアイを眺めながら歩いていたら声をかけてきた二人の日本人女子も世界一周航空券利用者。
まさか世界一隔離された人間の住む土地のひとつであるこの島で、世界一日本語を話すことになるとは。。。

おかげで、みんなで車をかりてワイワイ楽しくやりながらモアイ探しドライブをしてしまった。なんか青春っぽいぞ。人生で初めてマニュアルの免許が役に立った!!この島にはマニュアルしかなくて、僕しかそれを運転できなかったのだ。
のんびりした神秘の島と、教習所以来の絶妙かつ絶望な僕のドライビングテクで道中はかなり盛り上がった。
モアイをおなかいっぱい崇拝したあとは夕日なんかを海岸で見ちゃったりして。
絶海の孤島に打ち寄せる波はとても大きく、太陽の光を斜めに浴びて半透明の淡いブルーに輝いていて、とてもきれいだった。
<太陽から真正面だー>、一緒に1日ドライブした日本人女子が感動してそうつぶやいた。太陽から海に架かった黄金色の橋が僕達の方に伸びていた。たしかに真正面。
だけど、太陽の光は平行だからどこにいても真正面なんだぜ。
と、理系の僕はそういうことを考える。
海岸沿いをふざけて走ると、やっぱり黄金の橋も僕達にくっついてきた。

彼らが南米大陸に帰ってしまったあとも僕はひとりここに残ってのんびりしている。
ここ数日間は馬を借りて島をふたりで探検していた。
観光客のおかげで島はリッチになり今は車がたくさん走っているけど、まだまだ馬も現役で島民の移動手段として立派に利用されている。だから、道行く人に声をかけてちょっと交渉すればとても安く乗馬が楽しめてしまうのだ。
この旅の中、いろんなところで馬に乗ってきたから僕の馬術もかなり上達した。
さすがにもうお尻がボロボロなので、今日はノンビリ。

<居酒屋こうたろう>という胡散臭い日本料理屋がこの島にはあって、風がふいたら飛んでっちゃいそうな貧相な手作りのその小さな店には誰も寄り付かず、とても寂しそうに佇んでいた。
勇気を出してその中に入ると、ハゲでヒゲの主人がでてきて、注文をとりにきた。
<で、なにをたべますか?>
日本語だーーーーーー!!
そして、フランシスコ´ザビエルという名の主人がつくる日本料理は涙が出るほど日本料理だった。うめーよー。うめーよー。
かつドンにころもがついていなかったり、平たい皿にのってでてきたり、お茶をなんか花の形の小鉢でへんな口の形をしてこぼさないように飲まなきゃいけなかったり、つっこみどころは満載だったけど、そんなことは大した問題ではない。
ザビエルさん!!大好きっす!!

それから僕はほぼ連日通いつめた。
ザビエルさんは大阪に10年住んでいたのだそうだ。ちなみに<居酒屋こうたろう>は子供の名前。
そこではインターネットもタダで使わせてもらえるので、人が来ないからやりたい放題。このブログもここでザビエルさん所有のサザンを聞きながら書いている。
しかも、ザビエルさんは<世界ふしぎ発見>のイースター島バージョンを所持していて、拝見させていただいた。
日本のお茶の間ではどんなに見たあとそこに行きたくても、こたつの布団を噛んで我慢するしかなかったのに、、、今はすぐに自分でふしぎが発見できちゃうのだ。行ってきます!!
ふしぎ必ず探してきます!!!

この旅の中でであった日本人旅行者の何人かがこんなことを言っていた。
<俺英語とか全然分かんない。観光地とか興味ないんだよね。地元民と戯れてるだけなんで>
彼らにとっては、地元民と戯れる、ということが非常に崇高な目的らしい。
しかし、、
地元民ってなんだ?
日本でいうなら過疎化した田舎に住んでるじいちゃんばあちゃんか?
そんな人と何をするのだ?しかも言葉もろくに通じないのに!?
<ヘロー。マイネームイズ、ヒトキ。オーケーオーケー。ハッピー。ポッピー
スモーク?オーイエー!!>
こんな会話に何の価値がある?それが異文化交流か?
僕には全く理解できない。
いや、できなかった。
馬を貸してもらっていたぺペの家の近所では島民の二人の女の子が典型的なお土産のモアイをせっせと作っていて、毎日顔を合わせているうちに言葉も全然伝わらないけど仲良くなった。そして、しまいには僕も一緒になってモアイをつくるようになった。きっと旅行者の誰かは僕がつくったモアイを喜んで買って帰っていくんだろう。ケケケ
彼女たちはよく笑う。とても陽気で、昼真っからマリフアナ吸ってモアイ作って、とても楽しそうだ。言葉は理解できないけど、コミュニケーションはとれる。全然違う世界に生きている人達と一緒の時を過ごして、一緒に笑う。
これって、、ひょっとして素敵なことなんじゃないか?
わるくないな。

そんなこんなで僕は毎日のんびり過ごしている。
ああ、おっぱっぴー

モロッコ 僕はジャッキー あちょー
ヨーロッパを脱出して南米に向かう前に、少しモロッコを訪れた。

なんでだろう。スペインからのフェリーでモロッコについた時、無性に懐かしかった。初めての国なのに。。モロッコはイスラムの国。僕はヨルダンやシリアを通ってとてもイスラム圏が好きになっていたからそのせいかな。
スペインから船でほんの1時間くらいしか離れていないのに、ここは全く別世界だ。
どこの街にも旧市街があって城壁で囲まれている。
その中に一歩足を踏み入れると、自分がいつの時代に生きているのかふとわからなくなる。
映画の中でみたような乾燥地帯の赤い土の四角い家がほんとにここにはあった。
砂漠の中をらくだに乗って進んだりしている時が一番、旅してるな〜って気分になる。
モロッコはいいよ。
ここには人の生活がある。
それは日本での僕の日常から消えてしまっていたものだ。

機織り機でパタパタ絨毯を織っている人や、トンテンカンテン金属食器をつくっている人、大きな丸い槽がいくつも並んだ染物場で羊の皮を染めている人、そんな人がものを作っている様子をただ見ているだけでとても面白い。人がモノを作るってなんて面白いんだろう。

イスラム圏にはさすがの中国人も進出していないようで、ここではアジア人はとても珍しがられる。そもそもフレンドリーな国民性だからみんなが僕に話しかけてくる。
ジャッキー!!
ブルースリー!!
あちょちょちょっちょーー

ここではアジア人はみんな、ジャッキー(チェン)かブルースリーだ。
中田!!なんて呼んでくれるひとがいたら飛びつきたいくらい嬉しい。しかしそれですらほとんどいない。
正直困ったものだけど、もうしょうがないから僕も自分の名前をジャッキーと名乗ることにした。
できもしないけど、モロッコ人がカンフーのポーズをしてくるので、僕もアチョーといって攻撃しかえす。しかしこれはあまりよくないな。日本人がジャッキーだという誤解が深まってしまう。

とにかくモロッコはいいよ。
この国は期待と現実のギャップがいい意味で最大だった。

ただ、僕がアジア人なのはどうしようもないことなんだけど、それがとても旅を邪魔する。ほんとは喧噪の中にまぎれてこっそり覗いて回りたいンだけど、僕はあまりにも目立ち過ぎてしまう。
奥のほんとにローカルな住宅外なんかには入ることができない。
道にいる人すべての視線が僕に集まるのが少々つらいし、ふざけた子供が大勢僕の周りを取り囲んでくっついて歩いてきてアヒルの親子のようになってしまう。

でも、モロッコはいいよ。モロッコはいい。

とくにヨーロッパで人恋しくなっていた僕には最高に響いた場所だった。
機会があったら是非旅してほしいと思う。

ここでの娯楽はフットサルとか釣りとかそんなものらしい。もちろんプレイステーションもあるけど。
大人が一生懸命ボールを追いかけていた。
そんな光景をながめているとなんか心が和らぐ。

この国にはどうしてこんなにネコが多いのかと僕が訪ねるとレストランの主人はハニカミながら答えた。
ーお金がある人は車とかバイクとか買って遊ぶけど、、、、お金がない人はネコが好きなんだよ。ー

僕は力が沸いてくる。
たとえ一文なしになっても、釣りでもして、ネコでも連れてのんびり生きていけばいいな。それでも人生はきっと悪いもんじゃない。
僕はすべてを失ってもかまわないし、失ったからといって不幸になるわけでもない。
僕はきっと自分の人生を賭けることができる。
僕はそういう人間だ。

たとえ失敗して、ほんとにそういう生き方しかできなくなっても、それも僕らしい。
悪くない。
日本に帰ってからが楽しみだ。


ドイツ ベルリン ベッドの壁は薄い
ある日の思い出日記。。。。


START。ウォンチュッ

疲れた、、今日も歩き回った。ドイツは素晴らしい。第2外国語で大嫌いになってからまるで眼中になかったけど足を運んだ価値はあった。ここはほかのヨーロッパ諸国と違ってマーケットが発達している。洋服屋では安い量販店もあれば高級なブティックもある。大型店があれば小さくてオシャレな専門店がある。食物でも安いものを探せばとても安くておいしく済ませられるのがうれしい。日本みたいな感じだ。いい感じで欲しいものを調達することができた。これでみすぼらしい思いをしなくて済む。足ももう臭くない。まさにツバンツィヒ。

最近人と話していない。なんか孤独だ。
でも、それを求めている自分がいる。一人になりたい。ひとりのカラにこもっていたい。
僕にこんな感情が芽生えるなんて意外だ。
最強の寂しがり屋さんだったはずなのに。

今はだれにも邪魔されたくない。僕には僕の予定があるのだ。邪魔しないでくれたまえ。人と出会って流れを乱されるのは面倒だ。
ドミトリーに泊まっているのに中の人とも全然話さずに出ることが多くなった。いつも帰りが遅くて、部屋に入るとみんな寝ているのもある。朝は僕が一番に起きるし。
今日も静かみんなを起こさないようにベッドに入ろう。
僕はそうっと自分のベッドに潜った。




天使の声[ハァ、ハァ、ハァ、、、、ハァ、ハァ、ハァ]

!!!!?

ギシっギシっギシっ

ベットが小刻みな単振動を始めた。

天使の声[ハァ、ハァ、ハァ、、、ウゥ 我慢できないわ。]

男[しぃ。静かに。]

ギシっギシっギシっ

どうやら僕の寝ている二段ベッドの上のベッドで男と女が事を始めたようだ。

ったくしょうがねぇなぁ。ヨーロッパはセックス天国だね。ウォンチュつ

まぁ、よろしくやってくれや。

僕は先に寝るよ。おやすみなさい。

なんか温かく見守る父親のような気分になってそう頭の中で二人につぶやき、僕は眠りにつくことにした。


天使の声[ハァっハァっハァっ 、、、、ウゥっ]

ギシ、ギシ、ギシ、

天使の声[ハァっハァ、、、ハァ、、、アァ ハァ ハァ,,,ウゥっ]

ギシ、ギシ、ギシ、

、、
、、、、
、、、、、、、、、うぐ、、寝れん。。。

二段ベッドの上の段でセックスしている下の段で眠ったことのある人ならわかるだろう。

まるで、、、耳元で喘がれているようだ。。

ベッドの震動も、揺りかごには早すぎる。

天使の声[ハァっハっハっ 、、、、 アァ!!!]

男[シ、静かに]

ギシ、ギシ、ギシ、


男は冷静に一定のペースで腰を動かし続けている。

女はかなり感じているようだ。とても息が上がっている。気持ちいいらしい。

天使の声[ハァ 、、ハァ、、、ハァ、、、ハァ、、ハァ、、ハァ、アァ!!]

ギシ、ギシ、ギシ、


ちぃっうるせえな。いい加減にしやがれ。セックスすんならドミトリーなんか泊まるんじゃねえ。いい迷惑だ。

女の声[ハァっハァつ オーマイゴッド、オーマイゴッド、オーマイゴッド!!]


お前の神様がどうしたってんだ。神様に気持ちいいですって伝えたいのか? 3Pか?
おお神さま、今わたしは気持ちいいです。とてもとても気持ちいいです。ありがとうってか?

いったいいつまで続くんだ。早くイケ、早くイッてしまえ!!


ギシ、ギシ、ギシ、

女の声[ハァ、ハァ、 オーマイゴッド、オーマイゴッド]

男[静かにしなよ。]

ギシ、ギシ、ギシ、

10プン、、

20プン、、、

30、、、、、


長い、長すぎる、、、、

そして悟った。

やっぱ欧米人にはかなわねぇや。

そう認めると、嘘のように僕は安らかな眠りに入ることができた。



早朝、まだ太陽も上らない頃、ふと目が覚めた。

ギシ、ギシ、ギシ、

女の声[ハァ、、、ハァ、、、オーマイゴッド、、、]

ギシ、ギシ、ギシ、

、、、、

、、、やっぱ欧米人にはかなわねぇや。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。